ベアリングのKMT TOP  >  KMTベアリング  >  品質へのこだわり
品質へのこだわり

中国製ベアリングはどれも同じと思っていませんか?

KMTでは、日本国内のお客様に安定した品質のベアリングをご提供するために、「精度基準」と「使用材料」の両方にこだわり、JIS基準を満たす品質を実現いたしました。
中国工場での品質検査はもちろん、日本国内での検査、第三者機関での検査も行っており、高水準での品質安定にこだわっております。

検査風景

日本製と同等の品質を追求するために・・・

JIS基準を満たす品質の実現

最適な工場選定

KMTブランド製品は、中国のOEM先にKMT仕様で製造委託をしております。製造工程から検査体制まで、独自調査を行い、最適な協力工場を選定しております。

JIS相当の材料を使用

JISで使われる高炭素クロム軸受鋼、ステンレスベアリング軸受鋼と同等成分の材料を使用しております。
また、材料のミクロ観察や非金属介在物の観察、熱処理後の硬度試験など、様々な角度から検証を行っております。

日本製グリースを採用

ベアリングの性能はグリースによっても決まります。KMTでは日本製の特殊合成油を使用した、広温度範囲用長寿命グリースを採用。低温から高温まで安定した潤滑を有し、防錆・音響性(低騒音)にも優れております。

※各社ご希望のグリースに対応致します

JISに準じた制度基準

KMTブランド製品の寸法精度許容値は、全てJIS規格に準拠しております。

  • ベアリング JISB1514
  • ベアリングユニット JISB1558/1559
  • オイルレスベアリング 国内メーカーと同等

日本製と同等の品質を追求するために・・・

社内での検査内容

中国KMT

振動検査から、寸法精度検査・外観検査まで、徹底した検査を実施。KMT基準に合格した製品のみ日本本社へ出荷。

日本KMT

中国KMTの検査データを照合、JISZ9015-1に準じた抜取検査を実施。

第三者機関

日本軸受検査協会(JBI)にて、客観的検査を実施。
全型番毎ロット依頼(ベアリングのみ)

振動検査

振動検査で総合的な品質判断

ベアリングの回転時に生じる振動を検出することで、真円度、内外輪軌道面の面粗度、鋼球・保持器の欠陥や異物混入の検出など、早期寿命や損傷の原因となる要素を取り除き、総合的な品質判断を行っております。(ベアリングのみ)

  • 自動振動加速度(デシベル)
    自動振動加速度(デシベル)検査機
  • 自動振動速度(アンデロン)
    自動振動速度(アンデロン)検査機
  • 手動振動加速度(デシベル)
    手動振動加速度(デシベル)検査機

寸法精度検査

JISに準じた寸法検査

JISに定められた方法で、主要寸法の検査を行っております。また、継続的に許容範囲内の製品をお届けするため、統計的品質管理手法を用いて、品質のバラツキの検証を行っております。

  • 内外径寸法検査機
    内外径寸法検査機
  • 内外径寸法検査
  • 統計的品質管理手法

外観検査

徹底した外観検査

見た目の仕上がりも含めた製品提供を追求し、「キズ」「錆び」「ヘコミ」などの検査を行っております。
ベアリングでは、目視レベル基準を明確に数値化し、検査レベルの均一化を図るため、自動外観検査装置を導入しております。

  • 自動外観検査機
    自動外観検査機
  • 外観検査

第三社機関での検査

KMTでは、社内のみならず、日本軸受検査協会(JBI)に毎ロット検査依頼を行っております。
高品質な製品提供をするために、徹底した品質検査を行っております。

検査項目

日本軸受検査協会

ベアリングの寸法精度検査を依頼

日鉄住金テクノロジー

材料成分・ミクロ組織・硬度試験などを依頼

中国ベアリング協会の国家機関

材料成分・ミクロ組織・硬度・耐久試験などを依頼
※中国KMTは中国ベアリング協会の会員です

検査データ

第三社機関での検査

相対評価試験

第三者機関にて寿命試験を実施

お客様が現在ご使用されているメーカーとKMT製を同条件で寿命試験にかけ、試験前後の寸法精度や振動値の比較測定を行います。
また、試験後の分解による軌道面の摩耗状態など総合的な検証を行います。

第三者機関にて寿命試験を実施
品質へのこだわり
  • 紹興上虞凱明特貿易有限公司
  • KMT WebShop
  • KMT Facebook
  • 機械要素技術展
ページの先頭へ